スポンサードリンク

大会別 100キロウォーク掲示板

誰でも書込みOK⇧

お 知 ら せ

29/12/25
 体験記更新
【第23回三河湾チャリティー100km歩け歩け大会(10/13-14)

30/03/03

【一発チャレンジ!100キロ24時間ウォーク(5/12-13)

30/02/20

中仙道浦和宿100Km歩け歩け大会(4/21-22)、テレビ金沢チャレンジ100kmウォーク(5/26-27)
30/02/02
東葛・犬吠埼100kmウォーク(3/24-25)】
30/01/08
【佐世保-島原ウルトラウォークラリー(5/3-4)】
30/01/07
大会別にどなたでも書き込み可能です 30/01/06
【飯塚ー武雄100キロウォーク実行委員会(11/3-4)】
29/12/29
【晴れの国おかやま24時間・100キロ歩行(5/3-4)】
29/12/30
【リュック(初心者向け解説)】
29/12/25
29/12/24
【第16回ぐるっと房総100kmウォーク大会(4/21-22)】
29/12/23
【第1回「西郷どんの遠行」鹿児島ウルトラフリーウォーキング2/10-11】【第1回霞ヶ浦一周ウルトラフリーウォーキング3/17-18】【第2回富士山一周ウルトラウォーキング4/28-29】【第2回石垣島ウルトラウォーキング9/15-16】【第3回屋久島ウルトラフリーウォーキング11/17-18】
29/12/20
【第52回六甲全山縦走大会(3/11)】
29/12/19
【近笑会100キロウオーク(2/10-11)】【2018つくばりんりんロード100キロウォーク大会(5/26-27)】【第10回中国山脈横断100キロウォーク(6/9-10)】
2017-12-28(Thu)

管理人の初100キロウォーク② 豆之介 練習する

管理人の初100キロウォーク①からのつづきです。

ひとまず100キロマラソンを調べる過程で100キロウォークのことを知り、勢いで申し込みまでいきました。

申し込みをしてから歩く練習はどうすればいいのか考えました。
練習するにしてもどの程度で歩くつもりなのかおおむね決めておこうと思ったのです。

なにぶん100キロも歩いたことがないので憶測で予定をたてるしかないのです。

まず、走って時速10キロがせいぜいの私なので歩けば早くても時速6キロくらいではないかと推測しました。
はじめは6キロで歩けても100キロ全部を6キロは無理だと思ったので終盤は四キロと推測し、平均を五キロとしました。

これで休みなしで歩けば20時間で100キロ歩ける計算です。
プラスとしてチェックポイント3ヶ所で休憩を各20分取って1時間。
さらにトイレを3時間に一回各8分の割合で行くとして約1時間。

全行程としてトイレや休憩も含めて22時間と考えました。
なにかトラブルがあっても制限時間が26時間なのでまだ4時間の余裕が残ります。

ひとまず目標は決まりました。

いままでやっていた職場から家までのジョギングの代わりにウォーキングにしてみました。
約6キロです。

歩いてみると時速6キロで歩けないことはなかったのですが信号などがあり止まらざるを得ないことが多く、体力的には歩けても状況が許さないということがわかりました。

また意識して六キロで歩いているときはいいのですが、なにか考え事をすると直ぐにスピードが落ちてしまいます。
私の身体に染み付いているスピードがそのくらいなのでしょう。

しばらくは歩いて帰ってみたのですが職場から家までの一時間ちょっと歩いたところでそれほど疲れもしませんでした。
遅いとはいえマラソンをやっていたので体力はほどほどにあったからでしょう。

なので歩くのは週に一度にして、あとはジョギングに戻しました。

なにもなく歩くのはつまらないので、各地でやっていた◯◯シティウォークとの催しに日曜ごとに出場しました。
20〜40キロくらいの距離で練習には少し短いような気がしましたが、地域の名所などかみれて楽しかったです。

それでもやはり30キロを越えて歩くと足にダメージが残りました。
今思うとジョギングとウォーキングはやはり少し違うものだったようです。

32キロの某シティウォークを歩いたときは休憩しながらでしたが5時間半ほどで歩けました。

当初の設定したペースに近かったので少し安心しました。
なので練習内容とペースはそれまでどおりでいくことにしました。
ここまでで本番まであと二週間ほどでした。

このあたりの練習時に履いていたのは主にトレランシューズでした。

トレランのときに2足買っていたのがまだ十分履けたからです。
いくつかのシティウォークで履いてもマラソンシューズと比べると気持ち足のダメージが少ないように感じました。

先に書いておくと初めての100キロウォークではトレランシューズを履きましたが思ったとおりダメージが軽減されたのか肉刺は一つもできませんでした。
反面、ふくらはぎに痛みがでて85キロくらいから足を引きずりながら歩きました。
40キロくらいまでの距離の大会では出なかったダメージでした。

トレランシューズは靴底が固い分小石などのダメージが足裏まで届かなかったためマメができにくかったのと、その分重かったのでふくらはぎにダメージが出たのじゃないかと思っています。
(個人の感想です)

このあたりの感想はグッズのページにも記載しています。


そんなこんなで歩く方の練習は完歩がみえるとこまできたのでした。

ちなみに当時そう思っただけで、もっと練習が少なくても完歩はできた、と今は思っています。

特別な練習をしなくても完歩できる人はとても多いと思いますので、仕事などが忙しくて練習ができないという人も怖がらずに参加してみればいいと思います。

もしリタイアしてしまったとしてもそこから反省すべきは反省して再挑戦してもいいと思います。

もちろん練習できるなら練習した方がいいとも思います。
多少なりともこころの余裕が生まれますので。

次回は会場入りの話です。
⇩誰でも書込みOK⇩

大会別 100キロウォーク掲示板

↓できればポチッとお願いします。全国の100キロウォーカーに情報が広がります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

散歩・ウォーキングランキング
レジェンド声優と懐かしのアニメ(野沢那智と「スペースコブラ」)(野沢雅子①と「釣りキチ三平」)(富永みーなと「魔法の妖精ペルシャ」)(田中真弓と「おそ松くん(新)」)(鶴ひろみと「みゆき」)(石丸博也と「マジンガーZ」)(古谷徹と「聖闘士星矢」) /提携

がん(癌)にかかったときのこころの中身

お 知 ら せ

29/12/25
 体験記更新
【第23回三河湾チャリティー100km歩け歩け大会(10/13-14)

30/03/03

【一発チャレンジ!100キロ24時間ウォーク(5/12-13)

30/02/20

中仙道浦和宿100Km歩け歩け大会(4/21-22)、テレビ金沢チャレンジ100kmウォーク(5/26-27)
30/02/02
東葛・犬吠埼100kmウォーク(3/24-25)】
30/01/08
【佐世保-島原ウルトラウォークラリー(5/3-4)】
30/01/07
大会別にどなたでも書き込み可能です 30/01/06
【飯塚ー武雄100キロウォーク実行委員会(11/3-4)】
29/12/29
【晴れの国おかやま24時間・100キロ歩行(5/3-4)】
29/12/30
【リュック(初心者向け解説)】
29/12/25
29/12/24
【第16回ぐるっと房総100kmウォーク大会(4/21-22)】
29/12/23
【第1回「西郷どんの遠行」鹿児島ウルトラフリーウォーキング2/10-11】【第1回霞ヶ浦一周ウルトラフリーウォーキング3/17-18】【第2回富士山一周ウルトラウォーキング4/28-29】【第2回石垣島ウルトラウォーキング9/15-16】【第3回屋久島ウルトラフリーウォーキング11/17-18】
29/12/20
【第52回六甲全山縦走大会(3/11)】
29/12/19
【近笑会100キロウオーク(2/10-11)】【2018つくばりんりんロード100キロウォーク大会(5/26-27)】【第10回中国山脈横断100キロウォーク(6/9-10)】
2017-12-25(Mon)

管理人の初100キロウォークの話① 豆之介 100キロウォークを知る

100キロウォーク初参加の思い出

私の100キロウォーク初参加の思い出を記事にさせていただきます。

ネタが無くなると更新が滞るので、このネタを引っ張って引っ張って少しづつ書いていきます。

初めての100キロウォークは

第12回行橋~別府100キロウォーク

でした。

↓行橋市の一番高いふるさと納税の返礼品。なぜテント?名物?




私が30歳ごろからの職場は深夜残業や終電帰宅があたりまえの職場でした。
もともとやっていた趣味のスポーツもその30歳以降はかなりセーブしてしかできないほどでした。
それが37歳の時に別の所属に異動になったのですが、そこは17時30分できっちり仕事が終了する職場でした。

異動は前の職場の1年目から希望していました。所属6年にしてやっとの異動でした。
残業代はもらえなくなりますが、6年間激務についていた身としては念願の異動であり、アフターファイブを満喫しようと思いました。

もとの趣味の方も思う存分やることができましたが、練習不足というだけでなくそのスポーツをするには37歳ではすでに体力のピークが過ぎており、大会に出てもろくな成績も残せませんでした。
しかしながら愛着のある競技だったのでなんとかならないかなぁと思いました。

これまでそのスポーツの練習をするにしてもランニングはせず、そのスポーツの中で動き回ってスタミナをつけていました。
ただそれでは若者と試合をするまでの体力の回復が望めませんでした。

そこで、嫌いであったランニングを始めようと思ったのです。

マラソンは中学の時の部活(さらに別のスポーツ)で6キロほど走っていた以外は、大人になってからはせいぜい3キロほどしか走ったことがありませんでした。

残業なしの職場に異動したことと肉体の衰えを感じたことで、体力の回復のためにマラソンにすがろうと思ったのでした。

異動になったことでその職場から自宅までが6キロほどと近くなりました。
それまでは15キロほどあったので、歩いて帰ったことはあったのですが走ろうとは思いもしませんでした。

まずは昔走っていた6キロなら、と仕事帰りに自宅まで走ってみることにしました。

走るにあたっては同僚に
「明日、筋肉痛で動けなくなるかも。そしたら有給休暇ね」
と言っておきました。
結構真剣に思っていました。

走ってみると思ったとおり体はついていかず、3キロ程度から膝がガクガクしてきました。
最後は歩くようなスピードでようやく家についたころには翌日は休もうと決めていましたのでした。

翌日は思ったとおり膝が痛くてヨボヨボと歩いていましたが、仕事で少し気になることもあったのと異動して数か月だったので、結局は出勤しました。
事務所は3階にあり普段はエレベーターの使用をなるべく控えるよう言われていたのですがつい乗ってしまいました。

なにわともあれ無事1回目のジョギングを乗り切った私は、1週間ジョギングを休んでから、週に2日くらいのペースで家まで走って帰ることにしました。
しばらく走ると体にも少しづつ余裕が出てきました。
走り始めの何回かは膝に痛みがでていたのが、無くなりました。
それこそ初めの頃は走って帰って家についても夕方の6時半ごろだったのに布団をしいて何もせずに翌朝を迎えていました。
余裕が出てからは、シャワーを浴びたらすぐに出かけて映画のレイトショーなども見に行けるようになりました。

そうすれば欲もでてくるもので、なにかマラソン大会にでてみたいと思うようになりました。

まずは10キロのマラソン大会にでました。
疲れましたが制限時間以内の1時間ほどで走ることができました。

さらに欲が出てハーフマラソンに出ることにしました。
10キロマラソンなら練習は6キロ走るくらいで十分と思っていましたが、21キロの場合は絶対に6キロの練習では足りないと思いました。

しばらくは遠回りなどをして走っていましたが気持ち的にどうしても早くに家に帰りたくなるので、あまり遠回りにならないまま自宅であるゴールについてしまうという困った現象に悩まされました。

しかたがないので、仕事終わりに電車で5駅ほど行ってから走って帰ることにしました。
そうすれば最短距離でも15キロほどになります。
この方法はいまでもよく使う方法となりました。

その甲斐があってハーフマラソンも制限時間内の2時間4分でゴールできました。
その後もいくつかのハーフマラソンに出場しました。

そうなると今度はフルマラソンですね。
これも遠くに行く作戦が効きました。

フルマラソン当日の2か月ほど前から
週に1度ずつ6キロと15キロを走って
2週に一度27キロ先の駅から帰るようにしました。
さらに大会3週間前に一度ですが36キロ先の駅から走って帰りました。

練習が功を奏してフルマラソンでは30キロまで快調に飛ばすことができましたが、落とし穴はこの先にありました。
30キロを過ぎたとたんに足が止まりました。
調子に乗りすぎたのです。
早く走ろうにも足が思うように進みません。
雰囲気は走っているのに、早歩きの人に抜かれてしまいます。
じゃあいっそ歩こうかと少し歩いてみたのですが、遅すぎて残り10キロ余りをこのペースではとても制限時間に間に合いそうもありません。
間に合うかもしれませんが、いざ間に合わないとなったときに慌ててもスピードが出ないのでラストスパートもままならないかもしれません。

しかたなく早歩きより遅い走りでゴールに向かいました。
幸い制限時間はクリアし4時間30分でゴールすることができました。

これで自信をつけた私ですが、2回目のフルマラソンもクリアし距離が長く走れるようになってもタイムは上がりません。
どうも私はあまり長距離に向いた筋肉をしていないようでした。

それでも長距離への挑戦は楽しく、いまの残業のない職場にいるうちにいろんな経験を積もうと思いました。
どうせ数年で忙しい職場に戻るだろうと予想していたからです。

そのときの職場は残業が少なかったですが、ほかはどこへ移動しても結構忙しいのでした。

いろいろな経験を積むための一環として次にはトレランも走ることにしました。
23キロのトレランもなんとか制限時間以内でゴールをすることができました。

あとはフルマラソン以上の距離への挑戦かと思い100キロマラソンのことを検索しているうちに、100キロウォークのことが検索にヒットしました。

実は100キロマラソンは全く自信が無かったのです。
2回目のフルマラソン前に練習として65キロほど走ろうと思いました。
電車で一時間ほど離れた急行の終点が家から65キロ離れたところでした。
そこまで終電で行ってから走ることにしました。
終電で行ったのは途中で尻込みしても、電車では帰ってこれないようにするためでした。
翌日倒れてもいいように金曜日の夜の決行でした。
結果、55キロほどでギブアップ。
汗だくで早朝の電車で帰ってきました。
100キロどころか65キロもダメでした。

そんなこんなでマラソンで距離を延ばすのには限界を感じていたところ100キロウォークを知りました。
走るのは無理でも歩くのはできるのでは?
まずは歩いてみて100キロがどの程度のものか確かめてみようと思ったのです。

当時は今ほどたくさんは100キロウォークがなかったのとちょうど申し込みの時期に近かったため、行橋~別府100キロウォークに勢いで申し込みをしました。
参加者は3000人以上でしたが、他の100キロウォークをよく知らないのでそういうものなのかと疑問には思いませんでした。
フルマラソンは1万人前後のものも多いからです。
今はすごく規模の大きい100キロウォークの大会であると認識しております。

私の住んでいる地域は開催地である九州ではないため毎回遠征となっておりますがとても素晴らしい大会であるため、これ以降抽選に漏れない限り参加を続けることとなりました。

ここまで書いてようやく申込のとこりまで書けました。

次回に続きます。

⇩誰でも書込みOK⇩

大会別 100キロウォーク掲示板

↓できればポチッとお願いします。全国の100キロウォーカーに情報が広がります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
にほんブログ村

散歩・ウォーキングランキング
レジェンド声優と懐かしのアニメ(野沢那智と「スペースコブラ」)(野沢雅子①と「釣りキチ三平」)(富永みーなと「魔法の妖精ペルシャ」)(田中真弓と「おそ松くん(新)」)(鶴ひろみと「みゆき」)(石丸博也と「マジンガーZ」)(古谷徹と「聖闘士星矢」) /提携

がん(癌)にかかったときのこころの中身

/提携

スポンサードリンク
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。